アンチエイジングのすすめ

シミが目立ってきた、肌に弾力がない、髪がパサつく、階段で息切れがする、お腹周りが太ってきたなど、女性が女性らしくあればある程、悩みはつきません。

しかし、日々の細かなエイジングサインを見逃さず、早めにケアを始めることで、ナチュラルに今の若さを保つことはできます。

これからのアンチエイジングは、ゆったりと自然な美しさを引き出すアンチエイジングが主流になります。

年齢に逆らわず、今の若さを保つエイジングケアを始めませんか?

●ナチュラルアンチエイジングケア

人のお肌は、20代半ばくらいから肌内部での老化が始まり、35歳前後でターニングポイントを迎えます。その後、40歳前後で老化のスピードが急激に加速しはじめ、目に見える形で老化が外に現れます。この加齢現象をゆったり受け止め、5年後、10年後、15年後の自分のために、いつまでも今の若さを保つケア。これが”ナチュラルアンチエイジングケア”です。女らしく、しなやかに、美しく年齢を重ねていきましょう。

ナチュラルアンチエイジング

年齢に逆らわず、ゆったり、ゆっくりと

たとえ同い年でも、老化の進み方はそれぞれに違うもの。

その差は、どのようにしてうまれるのでしょうか?

老化の原因は、生まれながらにして遺伝子にプログラミングされている「生理的加齢」と内的・外的ストレスからなる「生活加齢」があります。

「生理的加齢」は、自然な老化のことで、この現象は誰も逃れることはできません。「生活加齢」は、体の内外から受けるダメージのことで、日々の心がけ、自己管理、ケアで軽減させることができます。