アンチエイジング:身体篇

まだまだある冷えの原因

キツイ下着を身につけていませんか?

女性に多い腰の冷えですが、きついガードルで下半身を締め付けていることが原因の場合もあります。体に合わないガードルで足の付け根を締め付けていると、骨盤内のうっ血を引き起こしてかえって腰の冷えの原因になります。

 

暑い季節でも温かい飲み物を

冬の寒い季節や夏のエアコンで体が冷えている時は、血行が悪く、体全体の機能が低下しています。体内の余分な水分を排出する力も弱まっているので、滞った水分が体を冷やすこともあります。暑い季節でも、炭酸飲料は控えめにし、温かい飲み物を飲むようにしましょう。「高麗人参」は、女性の冷えに大変効果があるといわれています。末梢血管を広げて血行をよくする働きがあり、ジンセノサイドという成分は自律神経を安定させるといわれ、体温を正常に維持するという効果もあります。

 

ほてりは冷えが原因!

女性特有の症状の一つが「手足のほてり」「のぼせ」です。膝下のだるさ、頭が重い、首から上の多汗等の症状を伴うことも多く、季節や時間を問わず起こるので気分も落ち込みやすくなります。

意外なことに、体が熱いと感じていても原因は実は「冷え」なのです。体は冷えると、その部分に血液を集め温度を上げようとします。しかし内臓や下半身が慢性的に冷えていると、発生した熱のほとんどが頭部や体の表面へ逃げて、温度感覚に異常が生じます。

特に心臓から遠い下半身は血液が届きづらく、体温が戻りにくいのです。そこでお薦めは、半身浴を30分以上行うことです。

<半身浴のポイント>

・腕は必ず湯船から出す (腕を温めると上半身の体温が上昇し、半身浴の意味がない)

 

・湯温の適温は38~39度(湯温が体温より2度以上高いと熱が深部に届きにくい)

 

・40~42度の足湯もOK

 

これで全身の血行が良くなり、冷え症改善に役立ちます。もっと手軽な方法として、冷え取り専用ソックスの重ね履きもお勧めです。これを3枚以上重ねることで、保温効果はもちろん排毒効果が期待出来ます。

 

特に就寝時が最も効果的です。また消化不良は胃に血液が偏り、肝臓の機能も低下し余計な毒が溜まりやすくなります。食べ過ぎに注意し、お菓子やコーヒー、お酒等の嗜好品を控えることも大切です。

 

足腰のトラブルはそのおしゃれな靴では?!

女性は、何歳になってもおしゃれで素敵な靴に心惹かれますよね。しかし、足は年齢を重ねるにつれて、扁平になったり、幅広になったりします。本来 靴は、足を保護し、その機能を高める役割を担っているものです。合わない靴を履いてしまうと、足に疲れや痛みをもたらすだけでなく、足の病の原因にもなってしまいます。

 

我慢して履き続けないで!

良い靴とは、体重を支えるためにかかと部分がしっかりしていて、指が自由に動かせるもの。インソールが平らではなく足に沿う形で、なおかつ指先に ゆとりがあり、かかとが適度に堅く、紐などでしっかり固定できるものです。

しかし、このスニーカーのような条件のものを毎日TPOもわきまえずに、履くわけにはいきませんよね。そこで、1日のうち何度でも履き分けをして欲しいのです。例えば、通勤時にはスニーカーで、でも来客時やちょっとした外出、帰り道のお食事やデートにはおしゃれなヒールといった風にするのはいかがでしょう?

 

足は健康のバロメーター、靴は医療器具

欧米では、靴は医療器具と言う人もいるほど、靴選びは慎重におこないます。ナチュラルに年齢を重ねるためには、美しい姿勢は必須です。腰痛や背骨のゆがみなどを発症させないためにも、靴は薬や眼鏡を選ぶ時と同じように慎重に選びたいですね。