アンチエイジング:食事篇

美しいお肌を作るためには、毎日のバランスのとれた食事も重要です。スナック菓子やインスタント食品では、肌の再生に必要なたんぱく質やビタミン・ミネラルが不足しがちです。特に、皮膚のうるおいを保つビタミンA、老化を抑えて血行をよくするビタミンE、コラーゲン生成に欠かせないビタミンCを多く含む緑黄色野菜などを積極的に摂取しましょう。

ミネラルもわすれないで

ミネラルは、ビタミンと同じように体を正しく働かせ、老化を抑える効果もあります。しかし、人の体には吸収されにくいうえに、流出しやすいという特性がありますので、調理法には気をつけなければなりません。

アンチエイジングに効果的な栄養素

”●抗酸化物質”

抗加齢学会において、重要な栄養素となるもの。代表的なものとしてビタミンA・C・E、補酵素Q−10(コエンザイムQ-10)、コルセチンなどがあるが、トマトのリコピン、緑茶のカテキン、ブドウのポリフェノール、ブルーベリーのアントシアニンがある。

 

”●補酵素Qー10”

体内のフリーラジカルと闘うために使用される脂溶性抗酸化物質。内蔵肉(心臓、レバー、腎臓)、牛肉、イワシ、サバ、ナッツ類、加工されていない植物油など。

 

”●イソフラボン”

女性ホルモン(エストロゲン)とよく似た作用をする。

エストロゲンは、女性器官の成熟や生理をもたらし、女性特有のしなやかなラインや美しい肌を保つ働きがある。大豆、大豆製品など。

 

”●インドール3カルビノール”

閉経後の乳がんの発生リスクを低下させる。カリフラワー、ブロッコリー、発芽ブロッコリー、キャベツなどのアブラナ科の野菜。

 

”●フコイダン”

食物繊維として働くので、腸内細菌を整え、便通を改善させる。

モズク、メカブ、昆布など。

 

”●EPA、DHA”

一生を通じて、正常な成長と発達に必要なもの。

オリーブ油、大豆、青身の魚、キャノーラなど。

 

”●アミノ酸”

体内で筋肉や臓器のもとになるたんぱく質を構成している。

肉、魚、卵、大豆、チーズ、牛乳など。

 

”●ヒアルロン酸・コラーゲン”

真皮の細胞と細胞の間に多く存在し、水分保持のクッション作用によって、外界から皮膚を保護する。これらは食品から摂取することは難しく、化粧品やサプリメントからの摂取が望ましい。