アンチエイジング:香り篇

アンチエイジングに効果的なアロマテラピー

 

アロマテラピーとは、「アロマ=芳香」「テラピー=療法」、すなわち芳香療法のこと。花、葉、茎、実、木などから抽出された濃厚な揮発性の液体を精油(エッセンシャルオイル)といい、これを使用して自然治癒力を高めます。精神や身体の調子を整える働きがありますので、アンチエイジングにはとても効果的です。

 

人間の五感の中でも、匂いは脳の感情中枢との結びつきが最も強いと言われており、様々な研究機関で心とからだに香りがもたらす作用の研究がおこなわれています。

 

その結果、ある種の香りには心をリラックスさせたり気分の落ち込みを緩和する作用があり、またある種の香りには、記憶力が増したり睡眠のパターンを変える影響力があると報告されています。

 

アロマテラピーには自分に合った香りを探す楽しみもありますので、是非ご自身でお気に入りの香りを見つけてください。