脳卒中(脳梗塞)の治療について

脳卒中というのは、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血を合わせた総称です。今回は、「脳出血」、「くも膜下出血」の治療についてです。

 

脳出血は、脳に行く血管が破れて出血する病気です。なので、根本的な治療は血管を縫って血を止める事です。脳は豆腐のように柔らかく非常に重要な臓器なので、そのままだとすぐに壊れてしまいます。

 

そのため頭蓋骨でガッチリ保護されています。脳出血の手術は、全身麻酔をして頭蓋骨に穴を開け、顕微鏡や拡大鏡を使い、脳の中から1mmに満たない血管を見つけて、それを縫う治療を行います。

 

これだとかなり大がかりな手術になるので、出血がさほど多くない場合は、局所麻酔で頭蓋骨の一部に穴を開けて、血の塊を吸いだすような方法もあります。

 

脳のダメージが大きくて脳の腫れがすごい場合には、頭蓋骨の一部をはずして数日間、脳浮腫が収まるまでそのままにしておく、という方法を取る事もあります。

 

「くも膜下出血」は、脳に行く血管の動脈瘤が破裂して血がでる病気で、根本的な治療は手術です。

 

全身麻酔をして頭蓋骨の一部に骨窓を開けて、顕微鏡で破裂している動脈瘤を見つけ、そこにクリップをかけて血が行かないように止めます。これがクリッピング手術です。

 

くも膜下出血の場合も血の塊が多い場合には、それを吸いだすような治療も行います。

 

動脈瘤の出来た場所などによっては、開頭手術が難しい事もあります。そういう時は、血管内治療を行います。足の付け根の動脈からカテーテルという細いチューブを脳の血管まで持って行って行う治療です。

 

カテーテルを通して脳動脈瘤の中にプラチナ製コイルを詰めて、脳動脈瘤の中に血が入らないようにするんですよ。そしたら血が止まりますよね。これが「コイル塞栓」という治療になります。

 

専門的な技術や機材が必要なので、脳外科の専門病院以外では出来ない事もある治療です。

 

それ以外にも、血圧が高いと出血しやすいですから、血圧を下げる治療を行ったり、脳梗塞と同じように、リハビリテーションも行っていきます。

また脳梗塞の予防のためには中性脂肪を減少させることが大切です。

 

【中性脂肪が気になる方に】ニッスイのトクホ、イマークS

「ビタミンDが、すい臓がん予防に有効!」

 

すい臓がんは、最も厄介ながんの一つです。

これは手術で取り除くことが難しい上に、身体の内部にあるため早期発見が困難で、見つかった時には手遅れになっているケースが多いためとされています。

 

ところが、この困難な膵臓がんのリスクを低減するには、ビタミンDが有効であることが分かりました。

 

これは、米国の研究グループが、栄養とすい臓がんの関係を調べる大規模疫学的調査を行った際に分かったもので、「がんの疫学バイオマーカーと予防」に報告されたものです。

 

研究グループが、調査記録を分析したところ、米国保健省が設定するビタミンDの1日当たり推奨摂取量400IU(国際単位)を摂取している人は、すい臓がんリスクが43%も少なくなっていることが分かりました。

 

一方、1日当たりの摂取量が150IU以下の人は、リスクの削減率が22%にとどまっていたそうです。

 

また、日光への暴露が多いほど、前立腺がんや乳がん、直腸結腸がんの発生率や死亡率が低いことが示唆されており、その理由としてビタミンが関係しているからと考えられています。

 

ビタミンDという簡単に摂ることの出来るサプリメントにより、がんの発生リスクそのものを低減することが出来るとなれば、今後のすい臓がん対策に非常に強いインパクトとなります。

 

 ビタミンDについて

ビタミンDは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつ。食べ物から摂取するほかに、日光を浴びると私たちの体内でもある程度つくり出すことができるビタミンです。

以前はIU(アイユー)という国際単位で示されましたが、現在はμg(マイクログラム)で表されます。1μg=40IUです。

ビタミンDには、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きと、それによって血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨をつくる働きがあります。

ビタミンDを豊富に含む食品は比較的限られていて、魚介類、卵類、きのこ類などです。なかでも魚介類には、塩さけ100g中に23μg、しらす干し100g中に46μgと豊富に含まれています。

 

「座り続ける生活は、早死のリスク!」

 

あなたは一日中座り続けるような生活をしていませんか?

デスクなどに座ったままで長時間仕事や作業をやり続けていませんか?

“座って過ごす時間が長過ぎると早死にするリスクが高くなる”ことが
アメリカの某大学医学部の研究者によって報告されました!

この研究結果では1日に座っている合計時間や座り続ける時間が長くなるにつれ年齢や性別、人種、体格指数(BMI)、運動習慣にかかわらず死亡のリスクが高くなることが分かりました。

1日に合計13時間以上座る人は11時間前後以下の人に比べ、死亡率が2倍に上昇していたそうです。

また、一度に座り続ける時間が30分未満の人は、30分を超える人より死亡のリスクが55%低いことが分かりました。さらに、90分以上座り続けることが多い人の死亡率は90分以下の人の2倍近くに達していたそうです。

そして、これら両方の要因を合わせて1日に計12.5時間以上座って過ごし
一度に30分以上座り続けていた人の死亡率が最も高いことが明らかになりました。

ということですので、あなたも長時間座り続ける生活はあまりよくありませんので注意していきましょう!

 

参考:ハセ博士のヘルシー情報最前線

気が付かない疲労をチェックする方法

心身の疲労は、気を張っていると実感しにくいものです。

 

せなかや腰に痛みが出るようなら、心身の疲労の赤信号です。 そんな赤信号が出る前にはやめに気がついていない疲れを見つけておきたいですね。

 

カラダの疲れをうけとめてくれている骨盤の状態を座り方でチェックしてみましょう。

 

それでは、イスに座ったりあぐらをかくときに、おしりのどこがあたるかチェックしてみましょう。

 

●「イケテル・気づかない疲れ・チェック」

 

・「カラダに元気がある時」腰がすっとのびているのでお尻の穴の前あたり「会陰(えいん)」というところが座面につきます。

 

・「疲れがたまっている時」カラダをかばう姿勢をとるため腰をまるめて、椅子の座面や床にお尻の穴やお尻の穴の後ろの方がつきます。

 

・「慢性的にカラダが消耗している」お尻の穴の後ろの骨「仙骨」がいつもついている。

 

●イケテル対策

 

背中や腰が丸まっているなと感じたら、ちょっと気にして良い姿勢をしてみましょう。

 

ポイントは「会陰(えいん:お尻の穴の前)」をイスや床につけすわることです。

 

 

背もたれに寄りかかってもよいです。

 

丸まった骨盤が会陰を床につけることで、こわばりやゆがみがリセットされます。

 

ひずみのない骨盤は、カラダをうけとめる力を取り戻します。背中・腰といっしょに骨盤ものびのびさせて、気がつかない間にたまっている疲れを深呼吸しながらぬいてしまいましょう。

 

深呼吸するとき、目線をオヘソに落としておくと上半身の力がぬけるので効果的です。

 

レンコンが免疫力を高める

レンコンに含まれる“ポリフェノール”や“ムチン”という成分が

アレルギー症状を抑え、免疫機能を活性化する効果があることが、

研究によって発見されました。

 

また、レンコンと同じく免疫力をあげることで花粉症改善効果があるとされているのが「乳酸菌」です。

 

乳酸菌の中でも特に『KW乳酸菌』や『L-92乳酸菌』などが、花粉症などのアレルギー症状の改善に効果があるとされています。

 

免疫力を高めて花粉症の症状を抑えてくれる「レンコン」「乳酸菌」を一緒に摂取することで、さらに高い効果が期待できるそうです。

「脳出血を防ぐには、まず朝食を摂る」

冬の寒さはシニアの人には大敵です。

 

特に血圧が高めの人にとって心配な時期です。

そこで今日は、特に血圧が高めの人は朝食を摂るようにしてください。

 

これは、先日大阪大学などの研究グループが、米国の心疾患専門医学誌に報告したものです。

 

それによると、朝食なしの人では脳卒中のリスクが36%も高まるとのことで、血圧上昇が原因と考えられるそうです。

 

研究は、45歳から74歳の男女8万人を追跡調査したものですが、朝食を毎日食べる人に比べ、週に0〜2回しか食べない人は、脳卒中のリスクが18%高まることがわかりました。

 

また、脳卒中のうちの脳出血のリスクについては、週に0〜2回しか食べない人では36%も高まるそうです。

 

一般に早朝には血圧が上がるのですが、朝食をとることが血圧上昇を抑えると考えられるそうで、そのためには空腹を長時間感じる前に朝食をとることが大事、とのことです。

 

参考:ハセ博士のヘルシー情報最前線(414)

「チョコレートで心疾患の予防」

今日は、チョコレートを食べると血小板が血液凝固を起こしにくくなり、心疾患にかかりにくくなるという話題をお送りします。

 

研究では、若年性冠動脈性心疾患(CHD)の家族歴があり、かつチョコレート好きな139人について、血小板が凝集するのに必要な時間を調べ、チョコレートを食べて

いない対照群と比較しました。ちなみにこれらの人は、運動、喫煙、その他血小板の活性に影響を及ぼすものを避けた生活をしてもらったそうです。

 

その結果、チョコレートを食べた群では血液凝固までの時間が平均130秒であったのに対して、対照群では約123秒で、明らかに血液凝固作用が低下していることがわ

かりました。また、血小板活性により生じる老廃物を調べた検査でも、チョコレート摂取群の尿にはこの物質の量が低くなっており、血小板の活性が低下している事が明らかになりました。

 

これらの結果から、チョコレートを食べると血液凝固作用が弱くなって、心疾患が生じにくくなると期待されるわけです。そして、チョコレートも大量に食べる必要はなく、食べてから12時間程度はその効果を期待できるということです。

ちなみに、チョコレートにはフラボノイドと呼ばれる抗酸化物質が豊富に含まれており、これが効果の源のようです。

 

しかし、チョコレートには砂糖や脂肪分が大量に含まれている製品もありますので、できるだけ高品質のものを摂るのがよさそうです。

 

参考:ハセ博士のヘルシー情報最前線(460)