「脳出血を防ぐには、まず朝食を摂る」

冬の寒さはシニアの人には大敵です。

 

特に血圧が高めの人にとって心配な時期です。

そこで今日は、特に血圧が高めの人は朝食を摂るようにしてください。

 

これは、先日大阪大学などの研究グループが、米国の心疾患専門医学誌に報告したものです。

 

それによると、朝食なしの人では脳卒中のリスクが36%も高まるとのことで、血圧上昇が原因と考えられるそうです。

 

研究は、45歳から74歳の男女8万人を追跡調査したものですが、朝食を毎日食べる人に比べ、週に0〜2回しか食べない人は、脳卒中のリスクが18%高まることがわかりました。

 

また、脳卒中のうちの脳出血のリスクについては、週に0〜2回しか食べない人では36%も高まるそうです。

 

一般に早朝には血圧が上がるのですが、朝食をとることが血圧上昇を抑えると考えられるそうで、そのためには空腹を長時間感じる前に朝食をとることが大事、とのことです。

 

参考:ハセ博士のヘルシー情報最前線(414)