アンチエイジングとダイエットの秘訣

アンチエイジング療法

アンチエイジング療法について

banner of white lady

antiagingbanner

アンチエイジング療法~「世界中をアッといわせた核酸療法」

核酸の重要性は近年、多くの研究者、医学者によってアンチエイジング(老化防止)の上で重要な働きをしているとして、さまざまな「核酸療法」が提唱されるようになりました。

その大きなきっかけを作ったのはアメリカの医学博士ベンジャミン・S・フランク氏でした。

博士は、核酸を取り入れれば老化も病気も防げ、実際の年齢よりも確実に肉体が若返ることを体験的に実証してみせ、世界中をアッといわせました。

フランク博士が提唱した核酸療法は、高核酸食品を毎日の食事に取り入れる食事療法で、その方法論そのものは実にあっけないものでした。ごく普通の食事をしながら、イワシ、サケ、エビ、カニ、ハマグリ、カキ、レバー、ホウレン草、豆類など核酸を豊富に含んでいる商品の中から1日に1.5グラムの核酸を取り入れることを条件にしただけのそれは、簡単に実行してしまえるものだったのです。

1日に1.5グラムで十分、それだけで体の核酸不足を補い、元気な体を保つばかりか、老化を防ぎ、実際の年齢よりもはるかに若返ることが可能になることを多くの体験者によって証明してみせたのです。

世界中がアッと驚いたのは、すべての体験者が最低でも10歳は若く見えるようになったのが共通した特徴だったからです。また、体験者が長年苦しんできた心臓病、高血圧、糖尿病、ガンを始め、肩こり、冷え症、白内障、関節炎、脱毛などあらゆる症状まで著しい改善がみられたことも、この療法の素晴らしさを裏付けるものでした。

とにかく、核酸療法によって実証されたデータをまとめてみると、次のような老化現象の解消が見られ、病気の症状が改善されることが明らかになりました。

アンチエイジング核酸療法

☆核酸ははりのあるみずみずしい肌を作る

☆核酸は脱毛・白髪を防止する

☆核酸は体力低下を防止する

☆核酸は肉体疲労を解消する

☆核酸は老人ボケを防止する

☆核酸はガン予防に大きな効果を発揮する

結局、フランク博士は年齢とともに不足してくる体内の核酸を補うべく外部の食品から豊富に核酸を摂取することこそ健康と若返り=アンチエイジングの秘訣であると説いたわけです。

博士の提唱が何よりも素晴らしいのは、人間が若返ることと、病気が改善してしまうこととは、一つの線によって結ばれているということ。若返り=アンチエイジングの最善の方法として細胞を形成する究極の物質「核酸」にっ着目したところがフランク博士の「核酸療法」の最も優れた点だったといえるのではないでしょうか。

体内核酸が不足すると、私たちの体の中では細胞の再生産が活発に行われなくなります。そして、衰退した核酸、あるいは変質した核酸は不完全な細胞のコピーしか作れなくなり、結局、変質した細胞を再生産してしまいます。

本来なら、変質した細胞もすみやかに新しい細胞に入れ替えてしまうのが、人間の正常は代謝機能というものですが、体内核酸の不足は代謝機能そのものにダメージを与えてしまうので、いずれはガン細胞を発生させてしまうことになるのです。

老化防止=アンチエイジングのために、日ごろから核酸を豊富に含む食品を摂取することは、私たちの体にとって何よりも大切になってくるわけですが、しかし一方、げんじつてきなことを考えれば、バランスのよい食事をし、それを忍耐強く続けるには大変な努力が必要とされるのも事実でしょう。

核酸を豊富に含む核酸食品を1日に一定量摂取していくことは意外に困難なことです、

アンチエイジングのため、自分の健康のためには、食生活を見直し、核酸を多く含んだ食べ物を摂取するように心がけていかなければなりません。

しかし、そのジレンマを解消してくれるものがあれば、私たちは困難を押してまで食事療法に努める必要はないはずです。

●アンチエイジングに「核酸を豊富に含む乳酸菌生産物質」

アンチエイジング=老化防止のためには、核酸を豊富に含む食品を摂取する必要がありますが、もっとも手軽な方法の一つとして「乳酸菌生産物質」を摂取することが注目を集めています。

乳酸菌生産物質は国産無農薬の大豆を培地にして、複数の乳酸菌群(有効微生物)を長期間(1~2年)共棲培養したものです。

この中で乳酸菌群が生きていくための酵素やその他の代謝産物をたくさん作りだした濃厚なエキスです。この乳酸菌生産物質エキスの中にたいへん豊富に核酸が含まれています。

乳酸菌生産物質についての詳細は下記サイトでご覧ください。

アンチエイジング核酸

腸内環境改善でアンチエイジング「腸の美しさが重要!」

腸の美しさが若さを決める。

「老化」というとすぐ思い浮かぶのが肌、そして運動能力ではないでしょうか。

しかし、内臓も老化をおこしています。その最たるものが「腸」です。
「腸の老化が人体の老化を促進させている」といえます。

あなたは便秘や下痢に悩んでいませんか。排便がなくおなかがすっきりしないだけでなく、急に下痢になったり、おなかが痛くなったりすることがあると思います。

そのような症状があるときは、肌荒れもおこりやすくなるのを経験されたことでしょう。

このようなときに便秘を治そうと薬を飲んだりしてもそれだけでは改善されません。あなたの便秘は腸の老化が原因なのかもしれないのです。

内臓からきれいになるために、腸の老化のメカニズムを知っておいてください。

便秘は腸が老化している証しです。

「ウェルシュ菌」についてご存知でしょうか?「ウェルシュ菌」とは腸に住む菌の一つです。私たちの腸内には実に100種類、100兆個の細菌が住みついています。細菌のなかには、健康や美しさに有益な働きをする有用菌(善玉菌)と、炎症をおこしたり発ガン性のある物質をつくりだす有害菌(悪玉菌)があります。

善玉菌の代表といえるのはビフィズス菌と乳酸桿菌です。
腸内で乳酸や酢酸をつくることによって腸内部を酸性にして、この刺激によって腸の蠕動運動が活発になり排便がスムーズに行えます。

悪玉菌には、大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などがありますが、その代表はウエルシュ菌です。ウエルシュ菌は、タンパク質を分解して、アンモニア、アミン、インドールなどの物質をつくり出します。これらは悪臭のもとになり、さらにアミンは発ガン性物質のニトロソアミンの原料となります。ウエルシュ菌が多くなると、腸はアルカリ性となり、排便が妨害され便秘になります。

老化現象をおこした腸では、ビフィズス菌が減少し、ウエルシュ菌が増加しています。

年齢による腸内細菌の差を測定したところ、出生直後は腸内ビフィズス菌が再優勢で、これが成人になるにつれウエルシュ菌が増加、65歳以上ではウエルシュ菌が優勢を占めるようになります。

俗にお年寄りは便秘がち、といわれますが、これはウエルシュ菌のために腸の老化がおこっていることが原因です。

しかし、最近では、年齢が若くても食生活のバランスが悪かったりストレスが多いと、腸内細菌のバランスがくずれて、ウエルシュ菌がふえることがわかっています。

便秘になると、腸の中に有害物質が貯留する時間が長くなります。腸内に有害な物質が存在すると、それを吸収することになり、また腸壁の粘膜と有害物質の接触も長くなり、発ガン率が高くなるのです。

有害物質を吸収することにより肌荒れをおこし、腸内に老廃物がたまることにより、やせていてもおなかが出てみえたり、ガスがたまってウエストサイズが増えてしまったり、と便秘は様々な症状をおこします。

☆腸内環境改善のために乳酸菌生産物質エキスが注目されています。

乳酸菌生産物質についての詳細は下記サイトでご覧ください。

アンチエイジング核酸

antiagingbanner




a:7141 t:8 y:11

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional